誠心院は、以前は「じょうしんいん」と申しましたが、先代住職の頃から「せいしんいん」と呼ばれています。
 寺伝に依りますと、初代の住職は平安の歌人和泉式部で、その法名を誠心院専意法尼と申します。娘の小式部に先立たれた和泉式部は、書写山円教寺の性空上人に勧められ誓願寺の本堂に籠りご本尊に教えを受けます。女人の身でも六字の名号をお唱えすれば、身の穢れも消えて往生できる事を聞き、六字名号を日々お唱えして、阿弥陀如来と二十五菩薩に迎えられ浄土へ往生しました。
 上東門院彰子が父藤原道長に勧め、法成寺の中の東北院の傍らに寺を建立させ、東北寺誠心院としました。(現在の京都御所の 東、荒神口辺りでした。)時に万寿四(1027)年の事です。鎌倉期には小川通りの一条上ル誓願寺の南に移転しました。この頃に 泉涌寺の末に成ったようです。
 その後、天正年間に豊臣秀吉の命令で現所在地、寺町六角下ルに移転されました。禁門の変による元治元年(1864年)の大火から立ち直る間もなく、明治四年京都府知事の命令で、境内に新京極通りが通り境内地は二分されます。山門をはじめ堂宇を失い、将に寺門は荒廃を極めました。雲龍院からお越しの泉周応宗師を始め、箸蔵栄龍、曽我部俊雄、向井俊恭の四代の先住様方の弛まぬ精進と、檀信徒の惜しみない助力のお蔭で、平成九年の末、山門の建設が成った時には、檀信徒一同その喜びは一入でした。
 現在、天正年間に建立された「阿弥陀如来と二十五菩薩石像」を再建。また、「百親音巡拝」成満を記念して、「式部千願観音(和泉式部の面影を偲ぶ、千人の願いを込めた、万人に利益を施す聖観音菩薩と言う思いです。)」と「百八観音」、「神変大菩薩」の石像が建立出来ました。
今後も事業の完成を目指して精進して行きたいと思います。