和泉式部 誠心院境内にある二十五菩薩像 和泉式部 誠心院境内にある水かけの行者神変大菩薩像 和泉式部 誠心院境内にある山口家一族の墓所 和泉式部 誠心院境内にある鈴成り輪

二十五菩薩像(石像)
江戸時代


和泉式部が女人往生を遂げたことに由来する二十五菩薩来迎の像。天正年間、寺移転再興の時、山口甚介により建立されたものです。

水かけの行者
神変大菩薩像
(石像)

幕末の大火で消失した神変大菩薩像(木造)を再興したものです。

中興の檀越
山口家一族の墓所


天正年間、秀吉の命により誠心院移転、再興を担当した山口甚介をはじめとする山口家一族の墓所です。

知恵授け・恋授け
鈴成り輪
(すずなりくるま)

和泉式部の古い灯篭の竿と台座を使った、鈴なりの輪です。 魔尼車とも呼ばれ、一回回せば経典を一回読誦した功徳が得られます。